モグアイのオオクワガタ飼育試行錯誤

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハンドプレス買い換え

温度19.3℃ 湿度65.5%
1シーズンしか使っていませんが、もう、壊れました。
photo41.jpg

加重をかける部分のゴムにシャフトが貫通です。
どうりで、手にマメができやすくなった訳だ。
photo42.jpg

残った、シャフトと円盤を、宛木を介してプレスしてましたが、やはりちゃんと
加重できなくて、
photo43.jpg

T字型のハンドプレスを購入。
オールステンで、ピカピカです。
しかし、そんなすぐに壊れるものなのかな。


スポンサーサイト

10月度、積算温度更新

温度18.6℃ 湿度49.3%
めっきり冷え込んできました。
10月の積算温度をクワガタ管理ソフトで更新しましたが、
ここまでで、全部メスですが、早期羽化が
7頭居ます。
孵化日  羽化日  積算温度 サイズ
--------+----------+--------+---------
6月30日 10月20日  2038  35.3mm
6月16日 10月1日  3045   37.3mm
6月10日  10月7日  3195  38.8mm
5月4日  10月13日 4068   43.2mm
4月21日 10月13日  4354  40.4mm
4月21日  9月1日  3558  37.4mm
6月9日  9月8日  2627   35.3mm

こうしてみると、2000℃・日 台は、いずれも30mm台
3000℃・日 になってくると、30mmでも後半
4000℃・日 を越えると、40mmを越えている感じがします。
9月に羽化したのは、瓶交換後、すぐに羽化までいったみたいで、
菌糸を食した感じが、まったくないです。(もったいない感じ)
いずれも常温管理で、夏の間に、積算温度が積み上げられたのだと
推測されます。
ただ、オスが1頭も居ないことを考えると、産卵セット開始時期や
その後の管理も、初めてのブリードにしては、まずまずだったのでは?
と納得している次第。


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。