モグアイのオオクワガタ飼育試行錯誤

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産卵セットに投入

温度19.6℃ 湿度49.9%
温室(虫家は26度設定)
本日、ペアリング解除し、メスは産卵セットへと移動しました。
今年は、
阿古谷産(2012年6月羽化)のインライン
熊本県菊池産(2012年7月羽化、9月購入)
奈良県東吉野産(2011年5月羽化、2シーズン目)
の3系統に、当面取り組みます。
photo20130330_01.jpg
ペアリングはセパレータ付きコバシャ中ケースにて、オス・メス共に越冬した後、セパレータのみ撤去し
2週間同居させました。
途中、エサ台の下で寄り添っている姿も見られましたので、うまくいっていると思います。
一応、2週間の同居がありましたので、これ以上のペアリング続行は、リスクも伴うので、一旦解除です。
東吉野産は2シーズン目なので、ひょっとすると先シーズンのペアリング成果もありましたので、不要だったかも
しれませんが、産卵スイッチ入れるための儀式的な意味合いもあると勝手に想像しています。
今年初の熊本菊池産と阿古谷産は、産卵しなかった場合は、諦める予定。また来年ですね。
とは言っても、あれやこれやと、できることはいろいろと試すつもりです。
思えば昨年も、やはり産卵セットにメスを投入して、果たして産卵するものなのだろうか?
と期待と不安が半々でした。
ペアリングしていたケースから、全然環境が異なるケースに、ポンっ とメスだけ入れて、
こんなやり方で、正解なのか? と不安もありましたが、約1ヶ月半後に材割りして幼虫が出てきたときは、
とてもうれしかったのを覚えています。
あれこれ心配し出すと、のぞき見ばかりしてしまいそうなので、気晴らしに、近所の高田側沿いに桜の花見に
出かけました。
photo20130330_02.jpg
今年は例年に比べて、1週間程度早めです。
大中公園というところなのですが、さほど人混みもなく、ゆっくりと散策できました。
photo20130330_05.jpg
見頃ですね。そういえば、サクラゲンジとも呼ばれることがあるらしいのですが、詳しくは知りません。
また、うちのサクラ達のことが気になってしまいました。。。 (^^;
スポンサーサイト

香川県今滝の幼虫たち

温度20.5℃ 湿度61.1%
今シーズンのペアリングも始まった一方で、先シーズンの成果を確認する時期も刻々と近づいているようで
いないようで???
photo20130328_03.jpg
蛹室作成中かな?
18.2gは、このラインでは大きい方。
面構えは、なかなか良いので、期待してます。
photo20130328_02.jpg
こちらは、瓶上部で蛹室作成中。
下の方は食痕だらけで、上に上がってきました。
カチンカチンに詰めたことによるのか、瓶内を移動しまくる「暴れ」は、今のところなし。
菌糸自体も、結構劣化ぎみですが、持ちの良さで乗り切って欲しいです。
ただ、今も聞こえるのですが、まだオガをポリポリと食べているのも居たりで、
冬眠明けの幼虫たちにも、ずいぶんとバラつきがあります。

東吉野産も、いいムード

温度19.8℃ 湿度64.2%
ペアリングルーム(虫家)は、26度設定です。
photo20130328_04.jpg
桑名鷹さんにいただいた「エサ台」は、うちの本命で使っています。
なんか、エサ台も囓られているようす。
台の下には、2匹いるみたい。
photo20130328_05.jpg
あけちゃいました。失礼。
熊本県菊池産に続き、東吉野産でも、仲良し姿が確認できました。
今日は、一般ゴミの収集日だったので、空のゼリーカップは、処分するため、朝の出勤前に
ちょっとだけ世話しました。
勿論、ギンギンパウダー添加の「すこやかゼリー」を入れときます。
阿古谷産は、メスがウロウロしてました。こちらは、産卵モード突入かも。
メスは、その気になると、ケース内をウロウロする様子が、昨シーズン観察できましたので、
ひょっとすると。

2013年度の産卵セット

温度17.9℃ 湿度62.6%
このところ、ちょっとだけ季節の歩みがゆっくりです。

昨日のギンパウ、食べたか確認しました。(結局、覗いてしまう。。。)
食べてましたね。。。 よしよし。
蛹化も確認できて、先シーズンの成果と今シーズンの準備が平行して進みます。
photo20130323_03.jpg
蛹化が確認できたものは、温室に移動しました。虫家は、コバシャと菌糸瓶とで、満員御礼。
そんなわけで、今年の産卵セット準備して待機です。
photo20130320_04.jpg
昨年同仕様の材と、去年の10月にマット漬け込みした材の両方を使ってみます。
どちらを選ぶかは、メス次第です。
お眼鏡にかないますように。m(_ _)m
photo20130322_04.jpg
白っぽいのが、先シーズン仕様の加水した材。
黒っぽいのが、漬け込んだバクテリア材。昨年の10月に仕込みしてます。
オオクワガタは、ちょっと乾燥した堅めの材を好むと聞きますので、それならバクテリア材を選ばないとも
考えられますが、とにかく試してみます。
全てはメス次第ですね。
これに川口商店さんのマットまで使ったので、おいしいとこ てんこ盛り状態です。
このマット、材割りした時の臭いが、とてもします。
そのへんに秘密があるような。
姫様に、気に入られますように。

ギンギンパウダー添加

温度18.6℃ 湿度63.4%
先シーズン種オスが1匹死んでしまい、やはり繁殖は寿命縮めるのかと、少しガッカリもしましたが
今シーズンは、これを試してみます。
20130323_02.jpg
しかし、相当な量ありますね。小さじ1杯ずつふりかけるとして、1000回は軽くあるでしょう。
特に、オスは直接蛋白質の摂取はしないので、効果に期待。
20130323_04.jpg
ゼリーにかけて、ちょっとまぜるだけです。
においですが、水や牛乳に混ぜて溶かして飲む粉のサプリメントっぽい(判ります?)においです。
大豆などの蛋白質みたいなにおいです。動物質ではないような。
20130323_05.jpg
薬サジで、ゼリー表面に塗り広げておきました。
東吉野産は、2回目のブリードです。これでも食べて、精つけてください。。。

いい雰囲気

温度18.3℃ 湿度67.3%
本日のベストカップルは、熊本県菊池産。
photo20130322_03.jpg
2012年7月羽化。月夜のきのこ園さんから購入しました。
そろそろ産卵セットの準備を始めたいと思います。熊本県では、桜がだいぶ咲いているのかもしれません。
うちの近所でも、2分咲きです。

今度こそ、交換おわり

温度21.9℃ 湿度55.6%
メスが、たいぶ蛹化してきました。
前蛹もいます。
photo20130320_02.jpg
一方、ここにきて菌糸ボロボロ状態の瓶もあって、ストック3本中、1本だけ使って交換です。
前回交換が、11月14日なので、経時的には交換してもよいかもしれませんが、
できれば、このまま羽化までいってほしいところ。
photo20130320_01.jpg
14.9gから15.5gに増えていたので、良しとします。ただ、潜っていってくれるかどうか。
潜っていきました。
photo20130320_03.jpg
気温上昇に伴い、幼虫たちに変化が出始めています。
常温管理で、一番寒い時期では、室内でも10度を下回る時もありましたが、あまり体重を減らすこともなく
越冬したようです。
菌糸瓶からオガを囓る音も聞こえ、まだ食べるのも居るようです。
でも、終令用の菌糸瓶ストックは、あと2本。使わずに済むと良いのですが。

3年ぶりに、春一番だそうです

温度22.4℃ 湿度66.7%
近畿地方は、今日が春一番だそうです。(知らんかった)
しかも、3年ぶりだとか。
毎年あるんじゃないのですね。
大阪では、桜の開花宣言が先週末にあって、去年が4月2日だったので、少し早い。
そのあと、爆弾低気圧が吹き荒れて、なんとか散らずに残って、4月12日頃に満開でした。
今年は、入学式の頃に、桜があるかどうか微妙。
先シーズンに比べて1ヶ月早く始めたブリードですが、季節の歩みが去年より早めです。
ブリード開始のタイミングも、なかなか難しい。

成虫管理ラベル

温度16.9℃ 湿度59.7%
あれこれ考えているうち、とにかくラベル貼らないと、どうもならんな
ということになり。
photo20130316_03.jpg
コバシャにシールが残ってしまい、めんどうなことになってます。
シール剥がしかなにかで落とさないと、きれいに剥がれません。ガラスだと、こうはなりませんが、
プラケースは、めんどうです。
photo20130316_01.jpg
ラベルを印刷して、ラミネート。
ケースに貼るのは、カーペット用両面テープを使います。
肉厚があって、剥がすのも楽だからです。
ラベル全面に使う必要は無く、ほんの少しだけで十分つきます。
photo20130316_02.jpg
ホームセンターは、苗やらペット用品やらのコーナーをうろうろしましたが、
いつも楽しいです。フジコンさんのくぬぎマットなんかも並び始めました。
photo20130316_04.jpg
今シーズンペアリンク中のケースにも、貼りました。

ラミネータ導入

温度16.7℃ 湿度50.6%
日中は暖かですが、夜は冷え込みます。
成虫用のゼリーは、もっぱらKBさんのを使っています。
以前はフジコンさんのを使っていたのですが、ブログ徘徊の末、KBがいいかなぁ と。
photo20130314_01.jpg
どちらも、よく食べます。
すこやかゼリーは広口タイプが無いので、ゼリーチョッパで半分にして、
プロゼリーは、そのまま与えています。
結局、かきだしてしまいますが。
成虫用のケースは、いままでシールタイプの紙に、管理表みたいのを印刷して直接貼っていましたが、
剥がすときに、きれいに剥がれないのと、剥がれにくくビリビリになってしまったりしたので
ラミネータ導入しました。
photo20130314_02.jpg
クワガタ以外にも、勿論使えるので、これは堂々と買えました。
ラベルは、思案中。
普通紙に印刷してカット、ラミネートなので、写真入れるとフォト紙に比べてきれいじゃないし。
ロゴみたいのがほしいです。

香川県今滝

温度16.3℃ 湿度54.9%
常温組は、静かです。寒暖の差が大きいですね。きのこ発生注意。

香川県今滝
正しくは、香川県綾歌郡羽床上今滝。
たまに訪れる「さぬきうどん」の製麺所も、この近所です。
photo20130311_01.jpg
食べに行きたくなった。。。
小学校の頃、確か、瀬戸内式気候と習った記憶があるのですが、温暖で、猛暑や酷寒のない、
住みやすいイメージがあるのですが、今はどうなんでしょう。
温暖化・ヒートアイランド現象 気になるところです。
昨年の夏は、節電でエアコン利用も、少しだけ控えたように思うのですが、
扇風機による室内の空気循環に努めた甲斐もあって?
例年より、マシだったような気もします。エアコンからの熱風吹き出しが、少しだけ減った分、
ひょっとすると、とくに夜間の気温が下がったようにも思えます。

そんな事も、オオクワガタが住める環境と、人間にとって住みやすい環境 について
関係あるのかもしれませんね。

どうしても暑い時は、しかたないんですがね。

ガサガサッ プチッ

温度21.1℃ 湿度52.1%
この陽気で、常温組もなにやら活発になってきました。
成虫は、ガサッ。たぶんずっこけている音。
幼虫は、プチッ。オガを食する音。
冬眠明けの幼虫は、成熟期を過ぎて、あまりエサは食べないと思っていましたが、食べている様子。
一応、予備に3本ほど菌糸瓶を用意してますが、足りるのか、足りないのか。
とにかく、初ブリードはわからないことだらけです。菌糸瓶内を動き回った(暴れ)形跡のあるのも
数本ありましたが、菌糸が再生しているようで、とりあえず放置。
冬の間はシーンとしてつまんないですが、暖かくなるといろんな音が聞こえて、触るな というのは
そうなんでしょうが、気になります。

桑名鷹 さんにお目にかかりました

温度23.1℃ 湿度56.8%
夏近しといった感もありますが、来週は再び冷え込むとのこと。
三寒四温ですか。
そんな今日、同じ趣味の方に会う機会がありました。
リンクを貼らせていただいている「桑名鷹」さんです。
初めてお会いしたのですが、エサ台、いだだいてしまって。。。
photo20130309_01.jpg
自分は、てぶら。。。
というか、近商で買い物してたので、
photo20130309_02.jpg
やはり、国産に拘ってます。 ^^;
桑名鷹さん、たくさんクワ友さんとお付きあいあるようで、情報交換の話をたくさん聞くことができました。
いいですねぇ。
スマホ。
ショップも何件か訪ねられているとのことで、やはりその筋の情報収集か、まだまだ足りないことを
実感しました。
自分はと言うと、クワガタとは関係ない、地元の味噌造り体験の話とか。。。
でも、「米が育てたオオクワガタ」を読んで以来、農作業とか、醸造関係(酒とか味噌)の仕事と
オオクワガタ飼育とが、どうしても結びついてしまいます。 変ですが。 ^^;
毎日、大阪方面には通勤しているので、少しはショップを訪ねてみようと思います。

温室は、25度設定

温度20.8℃ 湿度59.8%
チビチビと上げてきた冷やし虫家の設定が、25度になりました。
外気温も20度なので、あんまりチビりすぎても、追い越されて冷房が動作してもいけないので。
1週間に1度のペースであげましたが、これもどんなペースがいいのか、知らないでやっています。
ただ、昨年の例では、3月下旬から5月上旬にかけて、外気温が5度/1月 くらいで上昇したので
1度/1週間というのは、まぁまぁ妥当ではないかと推察。

おんだ祭り

温度15.4℃ 湿度59%
地元の神事があります。春を迎えるにあたって、豊作を祈願するお祭りです。
「米が育てたオオクワガタ」じゃないけど、オオクワガタは、里に暮らす、割と身近な昆虫なのでは
ないかと思います。
奈良県産に拘るのも、そんな理由から。
photo2013030601.jpg
五穀豊穣といっしょに、今年のブリード成功も祈願してきます。皆様の分も。

今シーズン初、ゼリースプリッター

温度16.4℃ 湿度69%
23度の冷やし虫家の方では、ゼリー消費も順調ですが、
さすがにこれくらいの温度になると、痛みも早いので、スプリッターで小分けして
こまめに与えるようになります。
今はまだ、種親の数匹だけですが、
飼育数が多いと、結構たいへんです。

春一番?

温度16.3℃ 湿度58.8%
天気予報見逃しましたので、確かではありません。
ただ、すごい風。
日中は、小雪も舞いましたが。
梅がだいぶ咲いてきて、春近しです。クワガタはパクパクとゼリー食べてます。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。