モグアイのオオクワガタ飼育試行錯誤

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

採らぬ幼虫の皮算用

温度19.9℃ 湿度50.1%
今シーズン用の菌糸瓶詰めをしました。
まだペアリング中なんですけどね。
幼虫にはよく熟成したのを食べさせたいので。
photo20140419_01.jpg
500ccを60本です。今シーズンは120本程度でスタートしようと考えています。
12ブロックで、ちょうど60本詰める事が出来ました。プレス機無いと、到底無理な量でしたが、
1日がかりで、なんとか詰めこみできました。ハンドプレスも適宜併用しています。
photo20140419_02.jpg
ペアリングケースには、今年もミルワーム投入してます。
昨年はジャンボタイプを使いましたが、今年は食べやすい大きさのものにしました。(笑)
ハグハグする光景が目撃されたら、産卵セットに移動です。
スポンサーサイト

蛹化してます

温度22.0℃ 湿度48.7%
室温も、虫家も、同じくらいの温度になってきました。
常温管理組は、未だ幼虫やってますが、虫家のVIPたちは、蛹になってきました。
photo20140401_01.jpg
写真旨く撮れませんでしたが、頭幅なかなかでした。
五條産では、一番大きくなった幼虫。23gですけどね。
photo20140401_02.jpg
こちらは、阿古谷産。
21.1gが、最大体重。
無事の、羽化を祈ります。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。