モグアイのオオクワガタ飼育試行錯誤

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3本目への交換終了

温度16.2℃ 湿度69.7%
今年も、あとわずかになりました。3本目への交換も終わり、あとは羽化まで菌糸瓶は
触りません。(と自分に言い聞かせ)
photo20141130_01.jpg
今シーズンは、添加剤を増やしたこともあり、どれくらい違うものなのか楽しみにしていました。
地元奈良県産のオオクワですし、優良血統でもないし、果たしてどれくらい栄養添加の効果があるのか、
また、そもそもこの添加剤で、良いのか、
自分がブリード始めた時点で、既に累代されていたわけで、それまでのエサと、自分のところのエサとは
どうなんだろうとか。。。
いろいろ興味は尽きないです。
photo20141130_02.jpg
1本目は蛋白質強化メニュー、2本目は添加控えめ、フスマを使用というのが、今シーズンの概要でしたが、
フスマというのが、既に実績のある添加剤で、幼虫自体も吸収能力が上がっているのでしょうか、昨シーズンよりも
体重のったのが、多かったです。
photo20141214_01.jpg
27.5gというのは、自己ブリ最高記録です。
30gや40gの時代に、27gは小さいですが、有名血統じゃなくても、こんなサイズが出るようになってきている点、
飼育手法が、ある程度確立された、たまものなのでしょうか。
photo20141226_01.jpg
27.5gは、香川県今滝産、27.1gは奈良県五條産です。
大きな幼虫は、ほんと、ワクワクしますね。無事羽化してくれることを祈ります。
photo20141226_02.jpg
新年も、クワガタや人類にとっても、すごしやすい年になりますように。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。