モグアイのオオクワガタ飼育試行錯誤

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

越冬中の成虫に加湿

温度18.3℃ 湿度54.4%
幼虫たちは全て、最終瓶への交換が終わり、体重では先期を上回ることがなんとかできました。
まぁ、30gオーバーはありませんでしたけど。
あとは、無事羽化を待つことになります。
越冬中の成虫を確認がてら、霧吹きで加湿しました。
先期は、越冬中にカラカラにしてしまい、春を待たずに死んでしまうことが度々あって、
大切な時期種親達ですから、油断できない時期だと思います。
photo20140112_01.jpg
うちでは、ダニの繁殖を嫌って、針葉樹マットでの越冬をさせていますが、くぬぎマットに比べて乾燥しやすいような
気がします。目が粗い分、水分も飛びやすいのでしょう。
photo20140112_02.jpg
1ヶ月に1回程度の加湿をしています。
プシューっとやると、マットがモゴっと動くときがあります。
それで生存確認しています。
スポンサーサイト

コメント

こんばんは^^

ちょうど僕も今日種親たちの霧吹きをして生存確認をしたところです。
何匹かは深く潜っていて確認できませんでしたがまぁ大丈夫そうだと・・・・
感想はお肌にとってもクワにとっても大敵ですよね(笑)

  • 2014/01/12(日) 21:17:06 |
  • URL |
  • masa #-
  • [ 編集 ]

masaさん おはようございます

本年もよろしくお願いいたします。
昨年は大切にしていた香川県産のメスで、カラカラにしてしまうという管理ミスをしたため、
ほとんど変化の無いクワ飼育ですが、加湿には気をつけるようにしています。
越冬中の姿は、いろいろですね。プラケースの壁際に居る場合は確認できますが、ほぼ中心付近に居ると
思われるのは、やはり見えません、
ホダ木が入ってる場合は、そこに隠れているのもいれば、ひっくり返っているようなのも居て、
「アッ」と思ったりしますが、霧吹きすると、ヒゲを動かしたりで、生きている様子が確認できて
ホッとする場合も。

  • 2014/01/13(月) 10:24:59 |
  • URL |
  • OOmoguai #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://oomoguai.blog.fc2.com/tb.php/180-7068e439
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。